大学中退で就職する為の3つのワザ

 ようこそ! このサイトでは就職を目指す大学退学者向けに、就職活動に役に立つ内容を掲載しております。

 景気が上向きつつあり、新卒採用の厳しさも少しは和らいでは来ました。それでも内定を得られない学生は一定数存在するという状況であり、ましてや大学中退者の就職はそれよりもはるかに厳しいものです。さらに企業の多くは応募資格に大卒の項目を設けており、中には希望を失ってしまってなかなか一歩を踏み出せないという方もおられることでしょう。

 とにかく一歩を踏み出してダメ元でアタックしまくる、というのもひとつの手ではありますが、その前にできることは実はかなりあります。大学中退とはいえ一度は大学に在籍した身ですからそのアドバンテージを生かさないという手はありません。そこで、大学中退で就職する為の3つのワザをご紹介します。

大学中退で就職する為の3つのワザをご紹介します


一つ目、大学評価・学位授与機構試験

 まず一つ目は、大学評価・学位授与機構試験を受けるという手です。実は大学卒業に必要な条件などは法律で決められています。大学卒業とはそれを満たした上で、大学独自の基準にクリアし、学士の資格と◯◯大学卒業というふたつの資格を手に入れるということになります。

 よって、大学在学中にある程度の単位を取得しており、それが法律で定める単位数を満たしていれば、大学評価・学位授与機構試験を受けることによって、学士の資格(大卒資格)を得ることが出来るのです。これを取得すると大卒として扱われるようになるため、大学院進学や各種国家試験などの大卒資格を満たすことができます。企業の新卒採用に応募する場合は新卒と認められるケースが多いです。


二つ目、成績証明書や紹介状を用意

 また、放校になって記録を全て抹消されていない限り、大学にはあなたの取得した単位など全ての記録が保存されています。ある程度単位をとっているならば、成績証明書を発行してもらって面接の際に提出することもできます。

 研究室やゼミなど指導してもらった先生がいるならば、紹介状を書いてもらえるようにお願いするという手もあります。多くの先生はお願いすれば快く紹介状を書いてくださるので、つてがあるならばぜひ利用しましょう。指導先生から紹介状は、面接官が採用判断の良い材料にもなります。