カテゴリー別アーカイブ: 面接対策

これを知っておくと安心!面接後のお礼状の効果とマナー

お礼状を出すなら面接後すぐが効果的!

 就職のための面接を無事終え、あとは結果を待つのみ!確かに間違いではありませんが、何か忘れていることはありませんか?そう、お礼状です。面接とお礼状はワンセットと考え、面接を終えたらその会社宛にお礼状を出すことを忘れないでください。

 絶対に出さなければならないものでもありませんし、出したから良い結果が舞い込んでくるというものでもないと言われています。しかし、相手に悪い印象を与えることはまずないでしょう。であれば、ほんの小さな効果でも狙うために、出しておいた方がいいのかもしれません。

 ただ、お礼状を出すなら面接後すぐが鉄則!「なかなか採否の返事がこない…」とモヤモヤしているから、思い出したようにお礼状を出す、なんてのはNGなのです。受け取った相手もきっと、「返事の催促か?」なんて思い、良い気はしないでしょう。

面接で伝え忘れたことを記載するのはOK?NG?

 お礼状に書く文面は自由ではありますが、一定のルールも存在しています。では、お礼状に、面接では伝えきれなかったことや伝え忘れたことを書き添えるのは、ルール上してはいけないのでしょうか。

 これは少し難しい話ですが、決してNGではありません。ただ、紙面がそれで満たされてしまうと、マナー違反となってしまうので注意が必要です。質問されたことに上手く答えることができず、しかしどうしても伝えなければならないことがあり心残りだというのであれば、それについて触れておくことは問題ないでしょう。

お礼状はパソコンで?それとも手書きで?

 面接後のお礼状を書く時に、多くの人が悩んでしまうのが、パソコンによる作成で問題ないのかという点。やはり手書きの方が気持ちが伝わる気がしますよね。しかし、お礼状に関してはパソコンで作成しても特に問題はありません。もちろん、手書きでも問題はないでしょう。

 社会人の、そしてお礼状のルールを逸脱していなければ、何を使って書くかは特に関係ないのです。読みやすく、そしてお礼状の本質である「お礼」の気持ちが込められていれば、それがどんな形であれ、きっと先方に伝わるはずです。



【関連記事】
志望動機を分かりやすくまとめる
面接対策として事前に練習をしておこう!
面接でのNG集について

面接でのNG集について

自分から墓穴を掘らないこと

 NG集の一つ目は、自分で自分の墓穴を掘ってしまうことです。自分の弱点、明らかに印象を下げるようなことは、あえて触れないことが大切です。仕事につきたいという気持ちがあるのでしたら、あまりおおっぴらに話をしないのもひとつの手です。

 うまく伏せるというのも、スキルのひとつになりますので、正直に話しすぎないのがカギでしょう。大学を卒業しなかった本当の理由、短所についてなど、聞かれなければ答えなくても良い内容も沢山あります。本当の真の理由に、弱点があるのでしたら、はっきりと答えてしまわないのも作戦のひとつです。

他の企業にも申し込みをしていることを伝える

 特定の企業に応募をしているのでしたら、あまりおおっぴらに他企業へ応募していることは伝えるべきではありません。たとえ、第二希望、第三希望であったとしても、ぎりぎりまで話をするべきではないでしょうね。これは、「やる気がないのだったら別に来なくても良い」と考える企業もあるからです。

 そのためには、応募の時点から自分で調整をして面接日程を組んでいく必要があります。やはり、出来ることならば、希望順位が高い企業から先に面接をしておくことでしょう。入社日の関係でどうしても、相手企業からの回答を待ってから返事をしたいということであれば、相手に嫌悪感を与えないように、適切に断りを入れるべきでしょう。



【関連記事】
志望動機を分かりやすくまとめる
面接対策として事前に練習をしておこう!
これを知っておくと安心!面接後のお礼状の効果とマナー

面接対策として事前に練習をしておこう!

質問回答準備をしておく

 面接対策で大切なのは、あがらないためにも質問回答準備をしっかりとつくりましょう。志望動機、転職理由、大学中退理由など、必ず聞かれるであろう質問は、きっちりと準備をして、内容の確認を念入りに行いましょう。

 また、ただ準備をするだけでは不十分です。なおかつアピールをして、相手の記憶に残す必要がありますよね。履歴書、職務経歴書とは相違ないか、矛盾点について見直すのも大切です。相手に訴えかけるためには、しっかりと内容を確認するべきでしょう。

事前に練習をしておく

 面接対策では、文字を並べるだけでは不十分なことがあります。実際に面接の場で、口に出して回答をするとなると、文字にすることとは違ったスキルが求められます。

 少しでもあがらないで、自分をアピールできるようにする為には、積極的に声に出した練習を行うことが求められます。一人の練習でも、鏡をみてスムーズにいえるようになるまで練習する必要があります。また、誰かの力を借りて面接の練習を行ってみるのもいいでしょう。



【関連記事】
志望動機を分かりやすくまとめる
面接でのNG集について
これを知っておくと安心!面接後のお礼状の効果とマナー

志望動機を分かりやすくまとめる

志望動機を考えてみる

 「志望動機」というのは、必ず聞かれるといっても過言ではない質問です。企業側が最も聞きたい質問のひとつとも言えるでしょうね。志望動機は、意外と思い浮かばないという人も多いのではないでしょうか。

 なんとなく、「ここがいいと思って応募をしてみたものの、どうしてなのか文字に並べられない人もいますね。大切なことは、自分の興味や企業の特色を研究してみることです。ここから、何が自分とマッチしているのか、何に興味を持てるのかを考えて見ましょう。

志望動機は明確に答えよう

 志望理由は、出来るだけ明確に答える必要があります。あまりにも内容が浅いと、信憑性に掛けますし、本気度が現れにくいです。たとえば、「やりたい仕事だった」「前職と同じ業種を希望している」などが表面上の理由に過ぎません。

 不十分な内容は、企業側からけられてしまう可能性が高いです。沢山ある企業の中から、どうして特定の業種や企業を希望したのか、はっきりと明確に答えることが求められています。「御社の商品、販売方法に感銘を受けた」「一緒に○○を頑張りたい」など、特定の理由を添えておきましょう。



【関連記事】
面接対策として事前に練習をしておこう!
面接でのNG集について
これを知っておくと安心!面接後のお礼状の効果とマナー