カテゴリー別アーカイブ: 求人情報

細かく見ていくと結構違いがいろいろとある正規雇用と非正規雇用

期間とお金に大きな違いが

 正規雇用と非正規雇用を比較した時、非常に大きな違いとして取り上げられることが多いのが、“期間”と“お金”です。働く期間が決められていないのが正規雇用で、決められているのが非正規雇用という解釈が普通。つまり、正規雇用は、本人が働きたいと思い続ければ、基本的にはその会社に在籍し続けることができるのです。

 そしてお金の違い。就職したての人の初期の給料と、バリバリアルバイトで働いている人の月の給料を比較すると、もしかしたらさほど差はないのかもしれません。

 しかし、そのまま同じ雇用形態で働き続けた時、正規雇用は次第に給与が上がり、ボーナスもプラスされて、結果的に生涯賃金が2億円から3億円ほどになると言われていますが、非正規雇用の場合には給与が極端に上がることはなく、ボーナスもないため、最終的に1億円にも満たないというデータが出ています。

自由の有る無しにも違いが

 自由度、これも人によっては重要視されるポイントかもしれませんが、正規雇用はあまり自由があるとは言えない雇用形態でしょう。その企業でずっと働くことができる代わりに、転勤しろと言われればそれに従わざるを得ませんし、与えられた仕事から簡単に逃げることも許されません。

 一方、非正規雇用も与えられた仕事はこなさなければなりませんが、契約期間が切れれば職を変えることができますし、採用のハードルも低いため、契約満了前に辞め、次の職場へと移ることも正規雇用と比べれば楽であると考えられます。

 また、アルバイトなどでは休みたい時に休める、働く時間を短くしてもらうなど融通が利くケースが多く、そういう意味でも、非正規雇用の人は比較的自由に職を選んだり働いたりできるのかもしれません。

働く人の意識にも違いが

 時間やお金、自由があるかないかの他に、働く人の意識にも違いが出てくるようです。簡単にまとめてしまうと、正規雇用で働く人は将来のことを考えており、非正規雇用の人は今現在のことを強く考えていると言えるのではないでしょうか。

 将来のために安定して稼ぎたい、もしもの時や老後のことも考えて保険制度を受けておきたい、福利厚生も充実していて欲しい、家や車を買うために社会からの信用も必要だなどと考えれば、正規雇用を選ばなければなりません。しかし、今の生活が良ければそれでいい、自由に働きたい、飽きたら職を変えたい、仕事とは別のやりたいことに時間を割きたいなどと、現在のことを中心に考える意識が強ければ、非正規雇用という働き方に自然に向かっていくと考えられます。



【参考記事】
待遇がよすぎる求人には注意が必要
自分に合う求人を探す事
違法行為を行っている会社はブラック企業かも!

違法行為を行っている会社はブラック企業かも!

ブラック企業とは

 ブラック企業という言葉を、近年良く耳にしますよね。事実、ブラック企業は幅広い意味で使われています。もともとは、暴力団など反社会的団体との繋がりを持っている企業の事を指しました。数々の違法行為を行っている会社を指している会社のことです。

 一般的には、若者、社会的弱者、心の弱みを持っている人などを大量に採用します。その上で、過重労働などの違法労働をし入り、使いつぶしを行うのが特徴です。自分から離職へ追い込むのが悪いブラック企業の特徴であり、低賃金で働いても働いても、どうにもならないというのが特徴です。

ブラック企業を見極める

 ブラック企業は一度働いたら、心も身体もぼろぼろになります。低賃金で、お金がぜんぜんと稼ぐことが出来ず、泣き寝入りにしかなりません。これではお金が必要な人、頑張って働きたい世代がどんどんとドツボにはまってしまいます。

 最後は、使いっぱしりで自分で退職するまで追い込まれてしまいます。こういったことにならないためにもブラック企業を見極める必要があります。精神的にも参ってしまって、社会復帰が出来なくなる人も多いです。悲しいことにならないためには、しっかりと会社を見極めて応募をするべきでしょう。



【関連記事】
待遇がよすぎる求人には注意が必要
自分に合う求人を探す事
細かく見ていくと結構違いがいろいろとある正規雇用と非正規雇用

自分に合う求人を探す事

待遇を見て判断をしてみること

 いい求人といって、多くの人が考えるのは企業側から得られるものが多いということでしょう。給料、報酬、待遇など、自分を少しでも高く買ってくれることが良いと考えますよね。

 それは、人間としていた仕方がないことですが、目の前でもらえるお金や待遇ばかりに目をやっていると、良い求人にめぐり合えない可能性を自ら作り出してしまいますよ。良い求人に出会うためには、細部まで待遇などを見て確認してみましょう。今後の昇給の可能性など、将来性も見極めるのが重要です。

良い求人で最も大切なこととは

 「良い求人」という上でもっとも大切なことは、相性になるのではないでしょうか。つまり、誰かにとって良い求人であっても、100%他の人に当てはまるというわけではないのです。

 自分が働きたいと思う職種、納得が出来る仕事内容、楽しみながら仕事を出来ること、そして、上司、先輩、同僚、企業を尊敬できるか、という事がカギとなるでしょう。自分にとって良い求人を見極めて、応募をすることが大切です。やりがいを感じながら仕事をすることが出来て、出来るだけ長く勤めたいと思えるかがポイントでしょう。良い求人に出会って、素敵な転職後の生活を見つけたいですね。



【関連記事】
待遇がよすぎる求人には注意が必要
違法行為を行っている会社はブラック企業かも!
細かく見ていくと結構違いがいろいろとある正規雇用と非正規雇用

待遇がよすぎる求人には注意が必要

年収が高すぎるのは危険性大

 年収が高い企業は一度様子を見るべきでしょう。給料ばかりに目が行きがちな人は、少しでも高い報酬を得たいと思いますよね。人間であれば、誰しも、自分の時間を少しでも高く買ってもらいたいと思うものです。また、給料と同時に、待遇の面でも、いい思いをしたいと思うものでしょう。

 求人に目を通していると、他の同類の仕事よりももらえる収入がいいことがあります。待遇が優れていたりしていても、一歩下がって様子を見るべきです。求人に記載されている内容は、あくまでも一例、特例に過ぎない場合があります。また、もらえる待遇が言い分、何らかのデメリットもあるので注意するべきでしょう。

自分のやりたいことが出来ない

 悪い求人は、必ずしも企業側に否があるというわけではありません。いくら優良企業であっても、企業側と就職者のニーズがマッチしていないことが問題です。どんなにいい企業であっても、「悪い求人」へと変貌しかねません。

 自分やりたいことにマッチしていない業種、職業は、いつまでも不満が付きまといがちです。実現したいと考える夢が叶えられないのは、人間にとってとても辛いことです。時間を無駄にしてしまうこと、成長が望めないような仕事は、いい求人とはいえません。失敗しない転職をするためにも、自分にとって悪い求人につまずかないことがベストです。



【関連記事】
自分に合う求人を探す事
違法行為を行っている会社はブラック企業かも!
細かく見ていくと結構違いがいろいろとある正規雇用と非正規雇用