細かく見ていくと結構違いがいろいろとある正規雇用と非正規雇用

期間とお金に大きな違いが

 正規雇用と非正規雇用を比較した時、非常に大きな違いとして取り上げられることが多いのが、“期間”と“お金”です。働く期間が決められていないのが正規雇用で、決められているのが非正規雇用という解釈が普通。つまり、正規雇用は、本人が働きたいと思い続ければ、基本的にはその会社に在籍し続けることができるのです。

 そしてお金の違い。就職したての人の初期の給料と、バリバリアルバイトで働いている人の月の給料を比較すると、もしかしたらさほど差はないのかもしれません。

 しかし、そのまま同じ雇用形態で働き続けた時、正規雇用は次第に給与が上がり、ボーナスもプラスされて、結果的に生涯賃金が2億円から3億円ほどになると言われていますが、非正規雇用の場合には給与が極端に上がることはなく、ボーナスもないため、最終的に1億円にも満たないというデータが出ています。

自由の有る無しにも違いが

 自由度、これも人によっては重要視されるポイントかもしれませんが、正規雇用はあまり自由があるとは言えない雇用形態でしょう。その企業でずっと働くことができる代わりに、転勤しろと言われればそれに従わざるを得ませんし、与えられた仕事から簡単に逃げることも許されません。

 一方、非正規雇用も与えられた仕事はこなさなければなりませんが、契約期間が切れれば職を変えることができますし、採用のハードルも低いため、契約満了前に辞め、次の職場へと移ることも正規雇用と比べれば楽であると考えられます。

 また、アルバイトなどでは休みたい時に休める、働く時間を短くしてもらうなど融通が利くケースが多く、そういう意味でも、非正規雇用の人は比較的自由に職を選んだり働いたりできるのかもしれません。

働く人の意識にも違いが

 時間やお金、自由があるかないかの他に、働く人の意識にも違いが出てくるようです。簡単にまとめてしまうと、正規雇用で働く人は将来のことを考えており、非正規雇用の人は今現在のことを強く考えていると言えるのではないでしょうか。

 将来のために安定して稼ぎたい、もしもの時や老後のことも考えて保険制度を受けておきたい、福利厚生も充実していて欲しい、家や車を買うために社会からの信用も必要だなどと考えれば、正規雇用を選ばなければなりません。しかし、今の生活が良ければそれでいい、自由に働きたい、飽きたら職を変えたい、仕事とは別のやりたいことに時間を割きたいなどと、現在のことを中心に考える意識が強ければ、非正規雇用という働き方に自然に向かっていくと考えられます。



【参考記事】
待遇がよすぎる求人には注意が必要
自分に合う求人を探す事
違法行為を行っている会社はブラック企業かも!