これを知っておくと安心!面接後のお礼状の効果とマナー

お礼状を出すなら面接後すぐが効果的!

 就職のための面接を無事終え、あとは結果を待つのみ!確かに間違いではありませんが、何か忘れていることはありませんか?そう、お礼状です。面接とお礼状はワンセットと考え、面接を終えたらその会社宛にお礼状を出すことを忘れないでください。

 絶対に出さなければならないものでもありませんし、出したから良い結果が舞い込んでくるというものでもないと言われています。しかし、相手に悪い印象を与えることはまずないでしょう。であれば、ほんの小さな効果でも狙うために、出しておいた方がいいのかもしれません。

 ただ、お礼状を出すなら面接後すぐが鉄則!「なかなか採否の返事がこない…」とモヤモヤしているから、思い出したようにお礼状を出す、なんてのはNGなのです。受け取った相手もきっと、「返事の催促か?」なんて思い、良い気はしないでしょう。

面接で伝え忘れたことを記載するのはOK?NG?

 お礼状に書く文面は自由ではありますが、一定のルールも存在しています。では、お礼状に、面接では伝えきれなかったことや伝え忘れたことを書き添えるのは、ルール上してはいけないのでしょうか。

 これは少し難しい話ですが、決してNGではありません。ただ、紙面がそれで満たされてしまうと、マナー違反となってしまうので注意が必要です。質問されたことに上手く答えることができず、しかしどうしても伝えなければならないことがあり心残りだというのであれば、それについて触れておくことは問題ないでしょう。

お礼状はパソコンで?それとも手書きで?

 面接後のお礼状を書く時に、多くの人が悩んでしまうのが、パソコンによる作成で問題ないのかという点。やはり手書きの方が気持ちが伝わる気がしますよね。しかし、お礼状に関してはパソコンで作成しても特に問題はありません。もちろん、手書きでも問題はないでしょう。

 社会人の、そしてお礼状のルールを逸脱していなければ、何を使って書くかは特に関係ないのです。読みやすく、そしてお礼状の本質である「お礼」の気持ちが込められていれば、それがどんな形であれ、きっと先方に伝わるはずです。



【関連記事】
志望動機を分かりやすくまとめる
面接対策として事前に練習をしておこう!
面接でのNG集について